スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子と初泳ぎ

 年末に反省したように今年は定期的に子供達と水泳をしたい。娘は絶対に行きたくないと主張するので来週という約束にし、息子と二人で初泳ぎに出かけた。三ヶ月ぶりになる。息子は未だに体をまっすぐにして水に浮くという動作が身についておらず、いらいらさせられる。娘同様、就学前にクロールで25 m泳げるようになるというのが目標であり、父親としての務めでもある。あと1年ちょっとある。焦らず、頑張ろう。
スポンサーサイト

天空のプール

 この週末は自転車を漕いで、ちょっと遠い小学校のプールに行った。僕が卒業した小学校もプールが屋上にあったが、ここは周囲に高い建物が少なく、まるで空に浮かんでいるプールで泳いでいるような感覚である。息子も気に入り、土曜日、日曜日と連続で通うこととなった。できればこの夏は海に連れて行ってやりたかったが、自転車で行ける距離にこんなに楽しめるところがあったとは。2日間でけっこう日に焼けた。

今年最後の水泳

 息子はプールに行くことが大好きだったのだが、いつの間にか嫌だと言うようになってしまった。なかなか上達しないので僕の教え方が厳しくなり、時にはいらいらしたりするので原因は僕にあるのかもしれない。あれだけ楽しんでいて、水への恐怖は克服され、少しは泳げるようになったのだから、冬になったとは言えここでやめてしまいたくはない。息子に水泳を楽しんでもらいたいだけでなく、僕自身も泳ぎたい。今日は浮き輪を使って泳ぐなら行くと言い出したので、なんとか連れ出すことができた。8月は6回、9月は4回、10月も4回、11月は3回、そして今月は2回と減ってきた。未だ真っすぐな姿勢できれいに水に浮くことができていない。来年は最低でも月に3回、息子の方から進んでプールに行こうと言わせるような環境を作ってやることが必要でありかつそれが目標である。

体育の日の無料開放

 風邪気味だったが今日も息子とプールに行くことにした。体育の日だから何かをしてやらなければならない。調べてみると、ちょっと離れたところにある区の温水プールが体育の日の無料開放をやっていることが分かった。たまにはいつもと違うプールに行くのも楽しいので、自転車の後に息子を乗せて出かけた。

プールで高齢者男女が喧嘩

 台風18号は遠ざかっているのか天候はやや回復してきたように思われたので、息子と水泳に出かけた。このところ毎週末、欠かさず通っている。台風の影響で空いているに違いないと期待し、最初はその通りであったが、しだいに混雑してきた。すると水着姿の婆さんと爺さんが大声を上げて、取っ組み合いの喧嘩が始まったのが目に入った。すぐに監視員が制止に入り、爺さんの方は落ち着いたようだが、婆さんはかなり興奮している様子。しばらく経っても監視員に向かって何かを主張していた。人間、時にはこうやって腹が立って喧嘩でもするのが普通だろう。しかしめったにこういったことが起こっていないところに、今日は逆に人間社会が意外と統制の取れた状態にあることを気付かされた。

クロールを見てもらう

 この週末も自転車で娘とプールの一般開放へ。先週とは違う小学校に行った。小学校の水泳で進級するためには、クロールと平泳ぎのそれぞれ50mはいいとして、クロール25mを23秒以内で泳がなければならない。そんなのはっきり言って無理。しかし何の努力もせずに投げ出してしまうのも馬鹿げている。指導員のおばさんに娘の泳ぎを見てもらい、いろいろとアドバイスをもらった。足をもっとしっかり打つ、呼吸の際に足が止まらないように、呼吸が5回に1度ならいいけれども3回に1度だと体がぶれるので4回に1度にする、水から手を抜く際もしっかり水を押す、エルボーアップでなくしっかり腕を伸ばす、腕を水に入れる時は泡が出ないように、指は上向きではなく下向きにして水をつかむ、などなど。まだまだ改善の余地はあるようだ。言うのは簡単だけれども、実際にやるのは難しいとも言われた。ついでに僕のクロールも見てもらったが、娘よりもずっと上手だと褒められた。「お父さんの泳ぎを良く見て参考にするように」と。ただ、手を水に入れた時に中央に持って来る必要はない、肩幅くらい広がっていていいと。これまで呼吸は普通3回に1度していたが、確かに体がぶれてしまう。4回に1度にするか、5回に1度にするか、それとも、3回に1度と4回に1度を組み合わせるか。

屋外のプール

 娘と家から2.7kmほど離れた区立小学校のプール一般開放に自転車で出かけた。この時期、毎年行っていた近くの区立中学校は建て直しのため、一般開放は昨年で終了してしまったのだ。小学校のプールは浅いところが0.9mだから、大人にとってはかなり浅い。今日は午前中から多くの子供や大人で賑わっていながら、コースロープが張られておらず、何度も他人とぶつかってたいへんだった。それでも、夏に屋外のプールで泳ぐのはとても気持ちがいい。

進級テストに向けて特訓

 逆上がり、スケート、スキー、ピアノ発表会、英検受験が終わったかと思えば、今度は水泳の進級テストである。娘は月に2回だけ水泳を習いに行っているのだが、そろそろ半年に一度の進級テストがある。隔週ではなかなかうまくなるものではない。前回は背泳ぎで落とされたのでなんとかしてやらなければならない。親子の特訓も隔週か。今日は久々に泳いだ。

紺色の水泳帽

 先週、平泳ぎ25mに合格したばかりなのだが、努力の甲斐あって、今日また娘は平泳ぎ50mに合格し4級となった。これまではずっと白い水泳帽だったが、4級より上は紺色の帽子となる。同学年で紺帽子はほんの数人であろう。娘が合格したと電話をかけてきて、さっそく紺帽子を買ってきてくれと頼まれた。別にそんなに急がなくてもいいし、みんなから妬まれる可能性だってある。しかしあの努力を称えてやるには、言葉だけでなく、やはり何か別なものが必要だろう。それには紺帽子は打って付けかもしれない。仕事からの帰り、遠回りをして水泳帽を探しに行った。娘の喜ぶ顔を思い浮かべながら。

プール焼け

 学生からずいぶん日焼けして黒くなったと言われた。確かにそうかもしれない。娘と屋外のプールに通っているからと答えたが、考え直してみると、先日の夏まつりの手伝いの影響が一番大きかったように思う。先月は登山もしたし、自転車通勤の影響もあるか。色白の娘もかなり焼けて、特に背中は水着の跡がくっきり付いている。今年は中止になるようなことはなく、ほぼ毎回、学校のプールに入れているようだ。相変わらず連日の猛暑である。

平泳ぎ合格

 娘の進級テスト、平泳ぎを認めてもらえていなかったのだが、ようやく合格した。クロールと平泳ぎの2種目25mで5級、やっとここまで来た。同学年の中では上手な方である。娘に水泳を教え始めたのはちょうど5年前。最初は浮き輪を付けていても僕が手を離しただけで大騒ぎだった。もちろん、顔を水に浸けることからの練習だった。そんなことを思うと感慨深い。おととい、きのうと一般開放で個人的に教えてもらえたことが特に効いた。さらに受けたアドバイスは、前を向かずに真下を見て、しっかり伸び、足をばたつかせないこと。まだ手を腰の方までかいているようで注意されたらしいが、脚がきれいなので合格にしてもらえたと。4級はどちらかで50m泳げればいいので難しくない。3級はクロール25mを23秒だから、はっきり言って無理。これからの1年間でどこまで速く泳げるようになるかである。そうなれば娘に抜かされる日もそう遠くはない。

平泳ぎのアドバイス

 一学期の進級テスト、娘は平泳ぎの手がおかしいと不合格になった。次は合格できるよう練習するというその根性は、我が子ながら見上げた心がけだ。今年も学校プール夏季一般開放があるので、海の日の今日、さっそく2人で出かけた。指導員の方に見てもらうと、脚はいいがやはり手が良くないらしい。大きくなってもいいからしっかりかいて、腰の方まで持っていかずに胸の前で素早く前に伸ばす。その際、可能ならば脇をしめてかいてきた水を押し出して前に出る。伸びる際には指先をやや上へ伸ばす。顔は口でなんとか呼吸ができる程度にあまり上げず、素早く次の動作に移る。以上が娘が指摘された点である。なかなかこれら全てをこなせるわけではないが、練習しているうちに平泳ぎの進み方が違ってきた。これならば次の進級テストで合格できるかもしれない。

正しい平泳ぎ

 職場から子供たちがプールで泳いでいるのが見える。羨ましい。娘も体育の授業で水泳が始まった。去年は雨が多くて夏休み前はほとんどプールに入れなかったように記憶している。今年も天気の悪い日が多いような気がするが、すでに何度か授業があり、今日は進級テストがあったようだ。6級はクロールで25m、5級になるには平泳ぎで25m泳がなければならない。娘は100mでも泳げるのだが、問題は平泳ぎとして認められるかどうかである。結果は不合格。意外にも脚ではなく、腕を注意されたらしい。4級はクロールで50m泳げばいいだけなので、5級が一つの関門だ。下手をするとこの夏、進級できないかもしれない。

水泳教室の見学

 月に2度、娘は区が主催する水泳教室に通っている。いつもは連れて行った後、図書館で本を読んだりしていて、泳いでいるところを見たりはしないのだが、今回から級が上がったので、ちょっとだけ様子を覗いてみることにした。クロールの息継ぎ、背泳ぎの腕の回し方などに加え、飛び込みや、クイックターンの練習もしている。下の級では回転が遅くて泳ぐ機会が少なかったが、ここではどんどんと泳がされる。あまり知り合いがいないところに突然入れられたためか、娘はもじもじとして常に列の最後の方に行き、元気のいい男の子たちに抜かれて行く。彼らが6回ぐらい泳いでいるのに、娘は4回ほどで終わってしまったような状況が幾度もあった。珍しく上から眺めている僕を見つけ、手を振ってきたが、無視して応えなかった。後で、しっかり説教してやらなければならない。もっと貪欲になってさらに上を目指せと。

夏休み最後の検定

 去年に続き今年も娘は夏休みの水泳指導、皆勤である。そして最終日の今日は検定だった。正しい平泳ぎで25m泳げれば5級になれる。100mでも平気で泳げるのだが、問題は正しいと判定されるか否かである。結果は残念ながら駄目だったようだ。「足の向きが悪い」と言われたそうだが、詳しいことは分からない。今日は3人挑戦して、3人とも不合格。未だ同学年で6級より上に上げてもらった子はいない。2学期が始まって、もう一回ぐらいチャンスはあるだろうか。とにかく良く頑張った。来年に向けて、また月に何度か一緒にプールに通ってまた頑張ろう。

正しいクロール

 検定の日である。期待しつつも、あまり期待しないようにして帰宅した。家に着くとそのことは忘れてしまっていたが、娘は何も言ってこない。ふと思い出して「検定、どうだった」と聞くと、なんと合格したという。6級になった。僕は大喜びである。6級は同学年では最も上で、男子も女子も数人しかいないとのこと。たかがクロールを25m泳ぐだけのことなのだが、正しく泳がなければならない。区の水泳連盟の指導員が見てくれており、その基準はけっこう厳しい。水泳に関しては素人の僕がこれまで頑張って教えてきたが、これで合格できるのかという不安は大きかった。夏休みに何度も見てもらって、娘の泳ぎの悪い点を僕自身も把握して、それを直して泳げるよう、何度も練習してきた。それが報われた。次の5級は平泳ぎで25mである。もちろん、正しく泳がなければならない。今年中の進級のチャンスはあと2回だ。

飛び級

 この夏は梅雨明け後もしばしば雨降りで、娘の学校の水泳指導は一学期中に3回、夏休みに5回行われただけである。検定も2回つぶれ、今日が初の検定となるにもかかわらず、また雨の予報。何とか持ちこたえてくれと思いながら仕事をしていた。楽しみに帰宅すると、飛び級して7級になったとのこと。もっと上の級を目指していたのだが、まあいいとしよう。これから一つずつでも上がっていけばいい。7級は自由泳ぎで25mで、6級はクロールまたは平泳ぎで25m、そして5級は両方とも25mとなっている。平泳ぎで挑戦したいと言っていた娘を説得してクロールを泳ぐようにさせたのだが、その泳ぎはクロールではないと判定されたことになる。聞けば低学年が7級以上に上がるのはそうとう大変で、合格者は数人しかいないようだ。基準がかなり厳しいように思われる。僕が6年生の頃に泳いでいたクロールよりも、今の娘のクロールの方が上手だというのに。年内の進級チャンスはあと3回。そのうちのいくつかはまた中止になるかもしれないが。どちらかが正しく50m泳げれば4級になり、帽子の色が変わる。確かに今のクロールから改善すべき点はいくつもある。今度の週末も親子で特訓だ。

まずいバタフライ

 梅雨が明けたというのに、雨の多い天気が続いている。娘の夏休みのプールはこの1週間で1回しか入れていない。楽しみにしていた泳力検定のある今日も、水着に着替えたものの雨が降り出して中止になったという。去年は25m泳げるにもかかわらず、7m泳げるという9級までしか行かなかったので、今年はその雪辱を晴らしてもらいたいと思っている。蒸し暑い一日で、夕方にもまた雨が降りだした。しかし近くの中学校のプールは開放されており、夜、独りまた泳ぎに出かけた。おとといはクロール50m、個人メドレー100mを2回、クロール50mを休み休み泳いだだけで、今日は500mは泳ごうと気合いを入れて行ったのだが、「前回も遠くから見ていたんだけれども」と指導員のおばさんに声をかけられた。バタフライの頭と手が入水するタイミング、手を入れる時の腕の開き具合、その時の掌の向き、伸び方、手のかき方などをあれこれと注意された。これはせっかくのチャンスだと、言われたことを実際に試してみるが、もはや疲れていて腕が回らない。バタフライで腕を水の上で回せなければ水中で前に持ってこなければならなくなり、さらに辛く、とんでもない状態になる。せっかくのアドバイスを生かせない。それでも見られてまた注意される。こんなに腕が痛くなったのは初めてだ。この秋から娘にバタフライを教えようと思っていたが、まず自分のバタフライを何とかしなければならない。それでも隣で泳いでいたおじさんからは帰り際に「バタフライ上手だね、ずっとやっていたの」と言われた。彼は僕がプールにいる間、一回も休むことなくクロールで泳ぎ続けていたが。

学校のプールの無料開放

 午前2時頃からだったろうか、小学校の教室の床にごろんと転がって朝まで眠った。去年は良く眠れたのだが、今年はなぜか熟睡できなかったような気がする。冷房が効いていて寒いくらいだったが、学校の教室に冷房が完備されているなど、僕が小学生だった頃には考えられなかった。早朝から片付けがあり、児童たちは8時半頃、帰って行った。どの子も、そして娘も、みな元気そうだった。僕らはさらに掃除などをして、朝食と反省会で、11時頃解散。家に着くと、昼食後は娘と一緒にぐっすり眠り込んでしまった。今年も区内いくつかの小中学校でプールの無料開放を行っている。温水プールばかりに通っていると、こういった屋外プールの気持ち良さはたまらない。目が覚めると、娘を起こして水泳に出かけることにした。娘の小学校の泳力検定では、クロールと平泳ぎ、両方とも50m泳げるようになると、次は25mクロールを23秒以内という難関が待ち受ける。これまでのベスト記録が35秒だからけっこう大変である。3種目をきれいな形で50m完泳すること、およびこのタイムがこの夏の目標とも言えるわけで、親子で特訓をしていると、昨年同様、指導員の方が堪り兼ねてあれこれと親切にアドバイスしてくれる。娘へのアドバイスは、ありがたいことに僕にも当てはまる。残念ながら小学生には土日祝日しか開放されていないが、大人の僕は毎晩通うことができる。さすがに毎晩は無理にしても、最近、ほとんど運動していないことだし、ここしばらくの間、また水泳に力を入れてみたい。

結膜炎

 娘が学校の眼科健診で結膜炎と診断されたらしい。それはずっと前の話なのだが、学校側の手違いで、きのうになってようやくその知らせが親に届いた。問題は、来週から体育の授業で水泳が始まるので、それまでに眼科を受診してプールに入っていいという許可をもらわない限り、授業が受けられないということである。なんともひどい話である。学校のミスで、非のない児童の教育を受ける権利が奪われかねない。去年は実力に見合った進級ができなかったこともあり、娘だけでなく、父親である僕も今年の水泳を楽しみにしていたというのに。しかしそんな文句を言ったところで、プールに入れるようになるわけではない。今日は仕事を早めに切り上げて、小学校に娘を迎えに行き、眼科へ直行した。長い時間待たされ、途中で抜け出して2人でマクドナルドに夕食を食べに行った。診察はほんの3分ほど。気になっていた診断結果は、細菌性でもウィルス性でもなく、アレルギー性。しかも、健診の時に眼でもこすって引っかかったのかもしれないとのこと。これでひと安心。学校に苦情を言う必要もなくなったわけだが、しっかりしてもらいたい。

そろそろ水泳のシーズン

 最近はあまり進んでもいない仕事に追われて心の余裕がなく、娘と水泳をすることをすっかりご無沙汰していた。2ヶ月以上空けてしまい、無理をしてでも行っておかないと、さらに行かなくなってしまいそうなので、1時間だけでもいいからと泳いでくることにした。娘の方は2週間に1度ではあるが習っているだけのことはあり、25mクロールを測ってみると、多少速くなって42秒ほどだった。月末からは小学校の授業で水泳も始まることだし、そろそろ身を入れて練習を始めなければならない。3種目とも25mを上手に泳げるようになることがこの夏の目標だろうか。それはそうと、僕の方も定期的に運動をしないといけない。11月末のつくばマラソン以来、運動らしい運動をしていない。7月から水曜日の夜は無料でワンポイント指導をしてくれるらしいから、毎週水曜日を親子で水泳をする日としてもいいかもしれない。

一ヶ月ぶりの水泳

 最近はなかなか水泳に行くことができなかった。せっかくの3連休中も天候などの理由により行かなかったので、今日は平日ながら、早めに帰って娘といつもの温水プールへ。花粉症の季節で、家にこもりがちなこともあり、久々の運動である。久しぶりに泳ぐと、腕が回らなくなる。特にバタフライがそうだが、クロールも50mを連続で泳いだだけで力が入らなくなってしまう。隣には足を止めて腕だけで、25mを20秒ほどで泳いでしまう人がいて驚かされた。なぜ、あんなにもぐんぐん進むのか。泳ぐ形も他の人たちとは違う。僕なんかは25mクロールで25秒ほどもかかるのに。これからはせめて月に2回は通いたい。これ以上、上手になるのかは疑問だが。
プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。