スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキー場を下るゴンドラに2千円

 娘は4日前にも滑ったので2回目になるが、娘と息子を連れ、今シーズン初めてのスキー。蔵王温泉スキー場へ。義母の車を借り、市内から45分だったから道が空いていれば1時間かからないようだ。人生で4回目となる息子は、山形蔵王は初。4時間券を買い、蔵王スカイケーブルで上へ、そしてダイヤモンドバレーで滑った。雪が少ないらしいがこの辺りなら問題はなかった。しかし天気はいいとは言えず、息子はもう帰りたいなどと言う。お前のために来たようなものなのだから4時間たっぷり頑張ってもらわなければ困る。休憩無しのぶっ続け練習のつもりだったが、寒いので温かい物でも飲もうと一度だけ休んだ。娘と僕はココアを頼んだが、得体の知れない物を口にしない息子は冷たいオレンジジュース。それも、手がかじかんでいたのかコップを倒して半分くらいこぼしてしまった。さあ残り時間、目一杯滑ろう、あともう1本行けると多少無理して頑張った。息子も辛かっただろうが頑張り、けっこう上手になった。今回までストック無し、プルークボーゲンを徹底的に練習させたが、次回からストックも借りようと約束した。さあ、あとは高鳥コースを下るだけ。と思っていたら、なんと雪不足で閉鎖されていた。娘と僕だけなら迂回してなんとかなるかもしれなかったが、ボーゲンしかできず、スキーを履いて歩くのに慣れていない息子には無理。ゴンドラで降りるしか手はないらしい。が、4時間券は切れている。一か八かで頼んでみたが駄目だった。大人2人と子供1人で2千円。上るならまだしもスキー場を降るゴンドラ。下調べを怠り、欲張った結果がこれだ。スキーを返し、親子3人、反省しつつ、遅い昼食となる温かいラーメンを食べた。
スポンサーサイト

息子のプルークボーゲン

 独り夜行バスに乗り、予定通り午前6時前に山形に着いた。あたりまえだが寒い。山形城址を抜け、歩いて家族が待つ妻の実家へ。明日は天気が崩れるかもしれないということで、今日、スキーに行くことになった。いつもなら蔵王なのだが、今回は珍しく妻も加わって天童高原スキー場という小さな家族向けのスキー場に行くことになった。義母の車を借り、久々の運転である。今年は日本全国降雪量が極端に少ないらしく、滑れないスキー場も多いようだが、ここはだいじょうぶそう。さて問題は息子である。おととし去年と連れて行って、今回で3回目になる。最初は妻に任せていたが、あまり上達しそうにないので、思い切ってリフトに乗せて上に行ってみることにした。怖がるので、一回だけ手前に抱きかかて一緒に下り、次は独りで滑らせてみる。プルークボーゲンの内側のエッジに力を入れて速度を落とすあの感覚さえ身につけてもらえればなんとかなる。息子の数メートル先に先回りし、山側にいる息子にここまで来いと声をかける。僕も後ろ向きでゆっくり滑りながら、息子もズルズルと下っているうちになんと初級コースならば独りで降りられるようになった。意外な進歩だった。リフトの乗り降りはまだ独りではできないが、上で降ろして放っておけば独りで下ってくる。スキー場はそんなに混んでいないからあまり心配もない。リフトは回数券にするか迷い、息子の分も4時間券にしたが、その分は使ってくれそうだ。昼食後、もう数回だけ滑って終わりにしようという話だったが、滑れば滑るほど楽しくなってきたようで、何度も滑っていた。天気が良かったのも幸いした。6歳にもなれば、スキーはなんとかなるものだ。
Dec30_2015

息子のプルークボーゲン

 大晦日から天気が荒れるらしいので雪が降っているとはいえ今日にはスキーに行かねばならない。長妹家族と一緒に合計5人、父の車を借りて安曇野から最も近い爺ガ岳スキー場へ。息子にとっては今年の春に続き2度目のスキーとなる。午前中は僕が面倒を見た。あんなにスキーに行きたいと言っていたのに「そりにしたい」とべそをかく。覚悟を決めてここまで連れてきて、スキー一式を借り、一日券を買い、自分の一日券の半分をふいにして教えてやっているんだから、そんなことが許されるわけがない。父はいらいら子は涙を流しながらの特訓は続く。それでも昼には自分で力を緩めてずりずりと数メートルばかり下ってかつ止まれるようになった。これを何度も何度も繰り返し、子供用のゲレンデをなんとか自力で下りられるようになった。午後は妹に任せた。「もうかえる」と言っていたが、3回下りたらアイスクリームを買ってやるとの約束で妹と二人で練習を再開。僕の方は代わりに娘と一緒に甥の面倒を見てやることにし、三人で滑る。二人とも小学校低学年からスキーを始め、もうプルークボーゲンからは卒業しているのかと思っていたが、そうでもない。だいたい初級者向けのゲレンデを直滑降さえできない。情けない奴らだ。雪がしんしんと降り続きしだいに寒くなってきたが、最後は二人と離れ、久々の滑降を楽しんだ。午後4時過ぎにやめようと板を外すと、まだ誰も返却していないようだった。どこに行ったのかと辺りを見渡すと、息子がたどたどしいボーゲンで妹のところから娘と甥のいる下に向かって斜面を滑っていた。アイスクリームを食べた後も、頑張ってもう3回ゲレンデを上ったらしい。
Dec30_2014

息子のゲレンデデビュー

 両親に看てもらおうと期待していたのにともに仕事があり、息子もスキーに連れて行かなければならなくなった。妹、娘、甥、息子と5人で久々の爺ガ岳スキー場。最近は山形蔵王に行くことが多かったので、こんなに小さかったかと驚いてしまった。息子にはそり遊びでもと考えていたが、せっかくなので急遽スキーを履かせてみることに。最初は子供用のゲレンデで、そしてリフトにも乗った。17階に住んでいて毎日高いところから街を見下ろしているためか、リフトは全く怖くないらしい。しかし、スキーで斜面を滑り出してしまうとさすがに怖いようだ。この恐怖感を克服して練習しないとスキーはうまくならない。けっきょく息子の相手に多くの時間を費やし、娘や甥と滑る機会を逸してしまった。当然かもしれないが、4歳の息子が滑れるようになったわけでもない。まだ早いかとも思ったが、いい体験になったことは確かだろう。

スキー場の不快な音楽

 海水浴場の最近の風紀の乱れの一因が音楽とされ、地方自治体などが音楽の規制に踏み切ったらしい。各方面から批判もあるようで、僕としても規制までする必要があるのかと疑問に思うが、音楽がなくなることは大いに歓迎する。どこに行っても自分の趣味でない音楽が流れていると、はっきり言って不快である。うるさい。何か考えたくても気が散って集中できない。歌詞があって日本語や英語で聞き取れたりするとなおさらである。海水浴場はあまり行かないが、冬には毎年欠かさずスキーに出かける。ゲレンデを滑り降りると、リフトに乗って一休みするわけだが、あの無駄なような時間は実は重要である。しんとした冬山を楽しみたいのにいつもつまらない音楽で邪魔される。スキー場こそなんとかして欲しい。

一年ぶりの蔵王地蔵尊

 昨夜山形にやって来て、まず娘のスキーウェアを購入。3年前に買った上下は小さ過ぎてとてももう着られない。そして今朝、親子2人で義母の軽自動車に乗り込み、蔵王温泉スキー場に出発。温泉駅付近の駐車場に停めたかったが満車のようで、けっきょくいつもの上の台ゲレンデへ。今回は5時間券を購入した。強風のため蔵王ロープウェイ山頂線は動いていないと聞いたが、ダイヤモンドバレーで滑っていると動いているのが目に入った。ここからパラダイスゲレンデまで移動するのが娘にとってはたいへんなようだったが、ぜひともまた地蔵尊まで行きたい。冷たい雨が降る中を頑張った。昼食を取って樹氷原コースに上がって下り、いよいよ地蔵山頂駅へ。前回来た時は埋もれて肩から上しか出ていなかったが、今回は雪がかなり少ないようだ。確かにあちこちで土や草が出ている。ザンゲ坂を下り、横倉ゲレンデを目指す。一緒に横倉のカベを下りたかったが、娘に拒否され、しかたなく迂回。ここから上の台まで戻るにはまた苦労しそうなので、足腰が疲れてきたこともあって横倉ゲレンデで滑って5時間を終えることにした。しかしスキー靴を履いたままここから駐車場に戻るのが距離が長く、かつ上り坂で思わぬ苦労を強いられた。この寒い中、娘は汗だくになったようで、アイスクリームを喜んで食べていたが僕は暖かいココアを飲んだ。一年後、娘は中学受験をすることになる。今度はいつまたスキーができるだろうか。
Dec30_2012

東京から日帰りスキー

 朝は金管クラブの練習があり出発は9時過ぎ。越後湯沢からシャトルバスの乗り継ぎが悪く、またレンタルに時間がかかってしまってようやく雪原に立ったのは家を出てから4時間後だった。娘は7回目のスキーになるが、そのうちの5回は父娘の2人である。最近はスキーでもしないとなかなか2人で遊ぶ機会がない。今回はディズニーランドに行きたいと言っていたが、僕の趣味で行き先をGALA湯沢に変更した。娘にとって東京からの日帰りスキーは初めてである。これまでにない好天に恵まれ、雪質も3月末にしてはかなり良かった。けっきょく滑ったのは3時間ほどだが僕の方は最後の方は足腰が疲れてきて転倒してしまうほど。娘はもの足りなかったようで「もっと滑りたかった」と不満を漏らしていた。GALA湯沢とは言え、早朝に東京を出るガーラ湯沢行きの、そしてガーラ湯沢発の新幹線を事前に確保しておくべきだった。

蔵王地蔵尊を拝んでザンゲ坂

 昨夜遅く山形に着くと、道路に雪が積もっていて、予報通り乾雪が降っていた。独り雪の夜道を山形城址をぬけ、娘が滞在している妻の実家へ。今朝にはその雪は止み、青空が広がっていた。絶好のスキー日和である。市内から蔵王温泉スキー場までは車を運転すれば1時間かからない。娘とここに来るのは4度目になる。未だに頂上まで上がったことがなかったので、今回はそれが一つの目標。最近は短い板ばかりだったたが、今回は身長よりもちょっと長い板を履いてみた。上の台から入って南へ南へと移動し、樹氷高原駅まで行くにはけっこうな距離を歩かねばならず娘には辛かったようだ。最後には板を外して歩いていた。天気が良かったのは西の方だけで、風が蔵王連峰にぶつかると雲ができるらしい。高い所はガスの中だった。そして寒い。山頂の天候はさらに厳しい。ちょっと歩いて蔵王地蔵尊を拝みに行く。ここに来るのは何年振りか。頭部だけが雪から出ている。夏にも娘をここに連れて来てやったらびっくりすることだろう。ザンゲ坂は込んでいて滑りにくかったが、娘にとっては特に苦痛はなかったようだ。樹氷原の眺めは楽しんでくれたかどうか。今回はパラダイスゲレンデの下りだけが厳しかったようで、へっぴり腰になり何回も転んでいた。それでも独りですぐに立てるようになったから、いつの間にか体もしっかりしてきたということなのだろう。それにしても本当に寒かった。写真やビデオを撮ろうと、また地図を確認しようと、毎回手袋を外して素手で作業をしていたら、体まで凍りついてしまう。4時間を目いっぱい使い、親子ともども疲れ果てた。娘のは1日券だったので遅い昼食を取ってその後にも滑らせようかと思っていたが、そんな元気はなかったようだ。スキーなど、もはや娘と行くぐらいで、若い頃とは楽しみ方がまるで違う。娘は、僕とあの妻の子ながら、不思議とスキーが好きらしい。ここ何年も冬と春に1回ずつ滑っているので今年の春もまた2人で、あるいは別な親子と一緒にでもどこかに行けたらいい。
Jan07_2012

母の先見の明

 東北地方太平洋沖地震で、家の中の被害はそんなになかったのだが、立てかけておいたスキー板が倒れていた。大学生の頃に買った自分の背丈よりも高いスキーである。息子の上に倒れたらたいへんだと、妻がさっそく粗大ごみの手続きを取り、今朝、捨てさせられた。特に文句も言わなかった。母の教えで、もともとスキー板は短い方が扱いやすいと思っており、それを買った時も、もっともっと短いのを買いたかったのだが、かっこ悪いだのなんだの言われて、二十歳そこそこでは信念も強くないので流行に流された。しかし今や、こんなに長いスキーを履いている人はいない。今こそ、この長いスキーを履いてゲレンデを悠々と滑ってみたいものだが、もはや運ぶ元気がない。これを最後に履いたのはいったいいつのことだろう。最近は毎回レンタルである。お金はかかるが東京から運ぶ苦労を考えればたいしたことはない。25年以上前に母が教えてくれたように、もちろん短いスキー板を借りる。娘の板などおもちゃのような短さだ。

家族で春スキー

 自分がスキーをしたいと言うよりもむしろ、娘に子供のうちにある程度滑れるようになって、その楽しさを分かってもらいたいということでスキーに出かけた。今回は、甥と、彼の親ではない方の妹との4人で白馬のスキー場を目指したのだが、途中でヤナバスキー場を見つけ、そこにした。正式な名称はヤナバスノーアンドグリーンパークに変わったらしい。スキーよりもスノーボードに重点を置いているからか。実際、妹はスキーではなく、スノーボードだった。雪はけっこう残っているのだが、震災の影響もあって客足が悪いためか、今日の営業をもって今シーズンは終わりだという。リフトが2つしかなく、別行動をしていてもすぐに会えるのでいい。雪質は、娘には不満だったようだが、春にしてはそこそこだった。未だ5回目ながら意外と上達したようなので、上級コースに連れて行ってみた。何度か転んでなかなか立ちあがれずいらいらさせられたが、なんとか滑り降りてきた。後立山連峰や青木湖の眺めが良かった。
Mar27_2011

スキーの醍醐味

 決していい天気とは言えないが、雪が降ったり風が吹いているわけではない。今日スキーに行かなければこの冬休みに娘と滑る機会はもうないだろう。午前中は親戚廻りをして、お昼前、車を借りて娘と蔵王温泉スキー場へ出かけた。曇りで寒かったが雪質はいい。まずはゆるい斜面で娘を慣らせ、またプルークボーゲンでスピードを出させる練習をした。そしてケーブルカーに乗り、山の上の方へ。そして降りてくる。娘は「楽しい」と歓声をあげた。予期せず、スキーの醍醐味を早くも味わってくれたようだ。それだけでも今日、無理してここまで来た甲斐があった。そこから下は中級斜面で急になってしまい、下りるのに悪戦苦闘していたが、二度目はゆっくりながら問題なく下りてきた。4時間券を買って、娘は正味3時間ほど滑っただけだろうが、これだけでもけっこう上手になった。次回からはいよいよパラレルターンを目指した練習が始まる。レストランでカレーライスを食べさせている間、僕はもう一本滑ってきたが、もう夕方で体が本当に冷え切ってしまった。
Jan02_2011

スキーで負傷

 おとといスキーをした際、エッジで指を切ってしまった。ゴンドラに乗り込む時、一人で娘と自分のスキーを立てかけようと慌てたのが良くなかった。右手の人差指から血が噴き出した。そのまま手袋をはめると中が血だらけになるので、ティッシュペーパーでぐるぐる巻いて手袋の中に押し込めた。スキーを扱う際にはこうならないよう手袋をしていなければいけないことは百も承知で、娘にもちゃんとそう教えていたのだが、自分は面倒だったり、自由が効かなかったりで、いつも横着をしてきた。今日になってもう傷は良くなったが、こうやって実際に痛い思いをして初めて痛感できる。大した怪我でなくて良かった。

今シーズン2度目のスキー

 また娘と蔵王温泉スキー場にやって来た。もはや春スキーである。今日も青空が広がっていて、全く娘は運がいい。まずは前回と同じように上の台ゲレンデをプルークボーゲンで滑らせた。前回はポイント券だが今回は4時間券を買っていたので、慣れたところで蔵王スカイケーブルに乗り一気に中央高原へ。初心者でも滑れる高鳥コースを下った。上の台ゲレンデに戻る辺りに少し急な斜面があって怖がっていたが、なんとかなった。そしてまたスカイケーブルに乗ったが、なんと天候が急変して吹雪である。「もうやめる」と言う娘をなんとかなだめて滑らせて、下まで降りてきた。僕はもう一度スカイケーブルに乗った。今回は教えるだけでなく、自分でもスキーを楽しむことができた。最後に、もう一度だけ上の台ゲレンデを滑らせて終了。スキーを返すしたところで2つ上の従姉に会い、娘は大喜びである。一緒に滑らせて刺激を与えてやりたかったが、僕らはもう返却してしまった。その楽しみは来年まで取っておこう。

初親子スキー

 何年か前から、娘にスキーを教えなければと思っていた。しかしなかなか寒いスキー場に行く元気が出ない。お金もかかるし、上手に滑れるようにさせるには時間もかかる。中途半端に行っても費用対効果が低いどころか、全く無意味になってしまうのではないか。けれどもあれこれ考えていても仕方がないように思えてきた。行動を起こさなければ。家族はすでに帰省しており、僕は今朝、始発の山形新幹線で山形に向かって合流し、ちょっとだけでも滑りに行くことにした。午前中にウェア、ゴーグル、手袋を買ってやり、昼食後に蔵王温泉スキー場上の台ゲレンデへ。僕はスキーを履かなくてもいいかとも思っていたが、親子で一式借り、いきなりリフトに乗ってしまった。そしてリフトを降りるところからたいへんなことになる。背中をつかんでやっていたが、もちろん娘は転んだ。実はスキーは初めてではない。4歳の頃、デイ・キャンプに参加した際、オンタリオ州のスキー場で滑ったことがある。しかし、スキーをしたこと自体も覚えていないらしい。子供の記憶とはそんなものだ。教える際に最も苦労したのは、転んでからどうやって立ち上がるかだ。なかなかそれが思うようにできない。一度転ぶと、本当に起き上がれない。これも経験が必要なのか。そんなわけで、あまり滑ることもできず、けっきょく3回リフトに乗っただけった。それが不思議なことに、3回目には独りでプルークボーゲンで下りられるまでになった。それも、到着間際に一度転んだだけ。天候には恵まれたし、楽しんではくれたようだ。これでまた期間が空いてしまうのが残念。親子で颯爽と滑り降りる日はいつになることか。娘を待たせ、僕はもう1回だけリフトに乗って独りで滑った。
Dec30_2009
プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。