スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘が囲碁弐段のおばあちゃんと対局

 義母が法事でこちらに出てきて、うちに一泊。娘が13路盤で5子置かせてもらって対局したが、囲碁弐段の義母にはどうしても勝てなかった。2回やって、娘はやる気をなくした。しかし自分が強いところを見せようと思ったのか、次は、普段使っているソフトとコンピュータ上で対戦。せっかくいい先生が目の前にいるのだから教えてもらえばいいものを。次に会う春休みまで約2ヶ月。修業を積んで強くなっておかねば。
スポンサーサイト

なかなか当たらない宝くじ

 年末ジャンボ(第550回全国自治宝くじ)を連番10枚、3,000円分を買ったら、ラッキーなことに6等と7等が1本ずつ当たって3,300円戻ってきた。そのうちの2,000円を使って新春出初めくじ(第551回全国自治宝くじ)の連番10枚、2,000円を買っていたのだが、6等200円が当たっただけだった。そう簡単には当たらない。

Inkscapeをインストール

 Adobe Illustratorというベクトル画像を扱うことができる有名なドローソフトがある。僕は全くと言っていいほど使ったことがなく、ベクトル画像を扱ってもいないのにこんな高価なソフトを使う人たちを、横目で小馬鹿にもしていた。長い間、なんとか避けて通って来れたのだが、昨年、あるジャーナルに論文が掲載される際に "All figures containing text and line drawing should be generated in a vector-based drawing program (such as Adobe Illustrator) and provided as EPS files." と要求された。これにはちょっと困ったが、この時もなんとか逃げきった。しかし、この先、そうも行かないだろう。科研費でIllustratorを買うべきかどうか悩み始めたが、いや、GIMPのようなフリーウェアを使うべきであると思い直し、探してみると、Inkscapeというものを見つけた。自宅のMac OS X Tigerにはインストールできなかったが、職場のLeopardには問題なく入れられた。でも、試しに編集する画像がない。とにかく、早く慣れるためにも意識して使ってみることにしよう。

教育ボランティア

 僕らが小学生の頃にはなかったが、今の小学校低学年には生活科という教科がある。そこで冬遊びあるいは昔遊びなるものをするらしく、教育ボランティアの募集があった。あやとり、おりがみ、ゴムとび、ケンパ、ベーごま、わまわし、まりつき、竹うま、おはじき、めんこ、お手だま、はねつき、けんだま、こままわしの14種。冗談半分で「お手玉だったら」などと言っていたら、妻が僕の名を書いて提出してしまい、実際に選ばれ、案内が来た。心の底からやりたかったわけではないが、子供たちの中へ、そして親御さんたちの中へ、この身を敢えて置くことはいい経験になるに違いない。

本気を出せないポジション探し

 今月末締め切りの、応募予定の准教授公募が2件ある。年末に仕上げてしまおうと思っていたが、けっきょく最終週まで全く準備をしなかった。そんなわけで、急遽、今日から準備に取りかかった。教授からは「公募には絶対通りません」なんて言われているし、公募に関する裏話も、身近なものだけで何件もある。本気で採りたいのかどうか分からないから、本気で準備すべきかどうかもよくわからない。でも、出さないことにはどうにもならない。そろそろ10件目ぐらいになるが、これら全てを本気でやっていたら、徒労に燃え尽きてしまうだろうし、本業が進まない。7割ぐらいの頑張りでとにかく提出。こんなことで、先が見えてくるのかどうか分からないが。

科研費で本を買う

 研究計画が大幅に狂って、今年度いただいている科研費がけっこう余っている。年度末までに有効に使うべく、あれこれと考えているのだが、一冊、プログラミングの本を買ってみることにした。自分のお金でなく、科研費で本なんかが買えるというのが、妙に嬉しい。Java Cookbookという洋書が欲しくて、先日、大学生協に注文したのだが、絶版との連絡を受けた。Amazon.co.jpで確認すると、在庫が1冊だけあるということで、すぐに注文を入れた。手元に届くのが楽しみである。日本国民、また、日本で働いている外国人労働者たちの血税でまかなわれているのだから、読むのにも多少、気合いが入る。

IEEE802.11bとBluetooth

 1年ほど前、妻はVAIO VGN-BX4KANBというパソコンを買ったのだが、1ヶ月も経たないうちに無線LANの機能が使えなくなったという。典型的な初期不良だろう。早く直してもらえと言っているのに、いっこうに直さない。もう保証期間が切れる1年である。僕としては、妻のパソコンなんてどうでもいいが、ソニータイマーなどと揶揄されている会社の製品を、不良があるにもかかわらず当面使わないからいいということで放ったらかしている状況が許せない。この件は、考えるだけでいらいらしてくるのだが、やはり妻とは、先日の新聞に書かれていたが確かに、異質な生命体であると割り切って接していないと、腹が立ってしょうがない。しかし、最後通牒として、僕が修理に持っていてやると言ったら、ついに職場から持って帰ってきた。そうしたら、どうもこのパソコンではおかしなことにBluetoothと2.4GHzの無線LANとの共存がよくないらしく、Bluetoothなんてどうせ使っていないので機能をオフにしたら、問題なくWi-Fiが使えるようになった。僕のこの1年間のいらいらは何だったんだ。それにしても、昨日読了した本の知識がいきなり役に立った。その本の結論として、ともに2.4GHzの周波数帯を使うIEEE802.11bとBluetoothは共存できるとなっていたが、このパソコンには問題があるようだ。

無線LANの勉強

 清水理史『体系的に学び直す無線LAN』(日経BPソフトプレス)という本を読み終えた。11日、娘を水泳に連れて行き、その間、図書館でぶらぶらと書架を眺めていたらこの本を見つけたのだが、期待通り、知りたかったことの多くが書かれていた。無線LANの規格、電波でデータを送る仕組み、障害物がある場合の通信距離、WEPなどによるセキュリティ、Bluetoothとの違いなどなど、興味深い話題が盛りだくさんであった。特にIEEE802.11bとIEEE802.11aの違いが、これまで全く理解できていなかったが、今ではこの無味乾燥と思われる英数字の並びも、抵抗なく頭に入るようになった。ところが、去年購入したパソコンを調べてみると、IEEE802.11nなどと書かれている。IEEE802.11gについては使用機器が商品化されていないなどと触れられていたが、nについては全く出てこない。2002年12月発行だから、もう6年も前の古い本である。無理もない。僕がまだ博士課程の学生だった頃だ。そんな頃から、無線LANがこんなにも確立した技術になっていたとは、僕も時代に乗り遅れていたものだ。技術の進歩は確かに速い。

カセットテープを知らない世代

 3月にTOEICを受ける。おそらく大学生の頃に買ったと思われる教材があったので、それを勉強し直そうかと机の上に置いておいたら、娘がカセットテープを見つけ、興味深そうにこれはなんだと問う。これで音が出ると言うと、さらに驚く。「CDじゃないのになんで音が出るの」と。2つあるうちの片方の穴を指でくるくると回してやるともっと驚く。そしてこの件には逆に僕も驚かされた。幼い頃、父が僕の声をカセットテープに録音してびっくりさせてくれたことがあった。残念ながらそのテープはどこかにいってしまった。今では、ビデオカメラ、デジタル(スチル)カメラ、パソコン、携帯電話、MP3プレーヤなどなど、なんでも録音できるし、録画もできる。僕が子供の頃には信じられない時代となった。そんな時代を僕の娘は生きている。パソコン、ビデオや携帯電話がないことが娘には本当に信じられないようだ。せめてテレビがあったことが救いか。リモコンなどなく、ダイヤルでチャンネルを変えるのだが。電話機もダイヤル式だった。

初めての座長

 学内の小さな発表会ながら、初めて座長を務めた。依頼はずいぶんと前の10月にあり、楽しみにしていたのだが、しゃべりたかったことをすっぽかしてしまったり反省点は多かった。担当した演題はたったの3件だけ。予習して質問も用意しておいたが、僕が質問できたのはそのうちの一つだけだった。

母の誕生日

 母の誕生日。直接、自分から電話をかけてお祝いのメッセージを伝える気など毛頭ないので、娘に電話をさせる。どうも応答がないらしい。こんな遅い時間にみんなそろっていないとは、どうしたことか。後で妹から写真付きのメールが届き、誕生日のお祝いに、飛騨牛を食べに行っていたとのこと。それは良かった。父にも母にも、当時は海外にいたという言い訳もあり、還暦のお祝いをしていないが、そのことが今でもちょっと心苦しい。

心臓の手術

 父はどうも心臓の調子が良くないらしく、近々、外科手術を受けなければならなくなるらしい。病院のことなどいろいろと調べてくれと言われたが、あまり乗り気ではなかった。ふと、カナダにいる心臓外科医の友人のことが思い浮かび、久々にメールで連絡を取ってみた。向こうは夜だから、早くても明日だろうと思っていたら、数時間後に返信が届いた。オーストラリアに移っていたのだという。親切にいろいろと書いてくれ、「心臓の手術に、あまり単純な手術はありませ んので、病院選びは慎重にされたほうがいいと思います。」と締めくくってあった。持つべきものはやはり友だ。そしていままであまり気に留めていなかったが、父の病状が心配になってきた。

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。