スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラミクス包丁の使い心地

 先日、セラミクスの包丁を買ってみた。その外見から本当に切れるのかと思わされるが、たいていの場合は問題ない。普通の包丁を買った場合、最初は恐ろしいほどよく切れてびっくりするのだが、そのうちに刃先が錆びるのか切れ味が悪くなってくる。きちんと手入れをしていないからかもしれないので、錆びないセラミクス包丁を試してみたかった。最初の切れ味については驚くほどではなかったが、錆びないと思うだけでも使い心地はいい。それに軽い。固い物に当てると刃先が欠けることがあるようなのでその点は注意が必要か。
Sep30_2013
スポンサーサイト

息子とデパートの食品売り場に通う

 自宅に古い商品券が眠っていた。このままでは使われずに終わってしまうかもしれないし、日銀総裁は物価上昇の具体的な目標値まで決めてあれこれ騒いでいるこのご時世なので、使ってしまおうと毎週のように息子とデパートの食品売り場に出かけた。とりあえず片付けたかったのは千円が10枚。ちょうど千円、あるいはそれをほんのちょっとだけ超えるぐらいが理想。こんな物がなければ余計な買い物はしないので全く無駄な話だが、逆に考えれば消費効果は抜群の、最初に考えた人には敬意を払うべきすばらしい戦略である。その戦略に乗ってたまるかとも思いつつ、息子と10回、普段は入ることのないデパートに通ったわけだが、手間も考慮した上ではけっきょく損をしたのか得をしたのか。そんな勘定抜きで、親子2人のなかなか楽しい買い物体験だった。
Sep29_2013

旧荏原区と旧品川区の区境

 娘の通う小中一貫校の運動会。主に5年生以上が出場する体育祭は5月にあったので、秋の運動会はほんの一部だけの参加である。入場行進ではいつものようにトロンボーンを吹いていた。思えば小学校最後の運動会となる。午後は未就学児かけっこがあり、息子が参加。一斉に5mくらいを走らせ、お土産を渡してはいおしまいという感じのあっけないレースだった。この小学校はうちから最寄りにもかかわらず、旧荏原区と旧品川区の境がこの辺りにあったためか、学区外になっている。娘は運良く入ることができ、在学中に小中一貫校となって人気校になってしまった。息子はここに入学できるかどうか。

学生を叱責

 学生の研究態度はともかくとしても、研究部内での20歳を過ぎた大人としての対応には常々疑問を抱きつつ、彼女の自主性を尊重して様子を見ていたが、ひょっとしたら何も分かっていないのではないかと急に腹が立ってきて、今日、セミナーと研究部の掃除をさぼったことをとっかかりに、周りのみんなにも聞こえるような状況で厳しく叱責してやった。同じことでも重要ならば何度も繰り返して事例を挙げて問題点を明確にし、時間をかけ、僕の考えをぶつけてやった。彼女は反論することもなく、涙を流してじっとしていた。これをいい機会に、変ってくれるか否か。

10倍の抽選結果

 おととしはあれだけ苦しい思いをしたにもかかわらず、昨年は応募をすっかり忘れてしまって悔しい思いをした。今年は忘れずにエントリーし、マラソンの抽選倍率は10.3倍とのこと。そして今日、抽選結果がメールで届いた。結果は残念ながらと言うか、ほっとしたと言うべきか、とにかく落選。いつもながらのこの複雑な心境。分かってもらえるだろうか。このたまらぬ緊張感だけでも味わうために、また来年も東京マラソンにエントリーしよう。

台風にさらわれたアマガエル

 ベランダのアマガエルは16日の台風18号で飛ばされてしまったのか、14日を最後にもう10日以上姿を見ていない。さすがにあの風には耐えられなかったか。どこかで元気に暮らしてくれていればいいのだが。

日光へ移動教室

 昨年は富山に林間学園、そして今年は日光へ移動教室。朝、娘が大きなリュックサックを背負って出ていた。息子を保育園に連れて行く時間とうまく合ったので、家族そろって学校前まで見送りにでかけた。ちょうどみんなが校門を出てバスに向かうところで娘も楽しそうに出てきた。男体山に登ったり、ドライブで通過したりしたことを除けば、日光なんて小学校5年生の時に家族旅行で行ったきりだろうか。
Sep24_2013

趣味の刷り込み

 週末も研究を進めるための重要な時間なのだが、平日は保育園に放り込んでそれでおしまいととしているだけに、息子と遊んでやる貴重な時間でもある。娘と遊んでやったように、週末のまとまった時間に息子とも遊んでやらなければと思っている。これまで公園の滑り台遊びなどを楽しんできたが、これからは自分が好きなことを教えて、幼い頃から楽しさを分かってもらいたい。自転車は、転倒して大怪我をして以来あまり乗っていなかったが、最近また乗り始めた。ボールを蹴ってサッカーのまねごとは前からやっていたが、それに加えて最近は野球に凝っている。4歳になってからは、水泳とピアノも始め、さらに囲碁まで覚え、着手禁止点など理解していないのだが雰囲気で打って楽しんでいる。おもちゃの卓球セットを買ってきたら、家のテーブルを使って下手くそながら卓球にも手を出し始めた。決して飽きっぽいということはなく、性差なのかどうかは良く分からないが、娘に比べると明らかにいろいろなことに対して積極的である。

勝手に緑化

 もういつのことだったか忘れてしまったが、ベランダで育てている芝が邪魔になってきて、家の近くの土がむき出しになっていて見栄えの悪い場所に、試しに、勝手にその芝を置いてみた。数日すると、なぜか別のやはり土がむき出しになっている所に移動されていた。それから幾度か同じことを繰り返すと、何者かが移す。何年前のことだったろうか。今日、ふとその一画を眺めてみると、僕が育てていたあの芝がふさふさと生い茂り、その他の雑草も混じって緑で覆われるまでになっていた。ちゃんと手入れをしないときれいな芝生のようにはならないが、以前よりはずっとましである。こんな勝手な行為が許されるのか許されないのか良く分からないが、まあ良かったことにしてもらう。
Sep22_2013

久々に快勝

 格下相手に白番で対局し、久々に快勝した。これでようやく10kに返り咲いた。負ければ不愉快だし、勝てば気持ちのいいものである。10k辺りまでくると、守っているだけではなかなか勝てず、勇気を持って攻めて行かねばならぬ。でも勝つ場合はたいてい、ちょっと下手だなと思ってしまうような相手がほとんどで、こいつは手強いなと思うような相手に勝ち星を積み重ねて行かないと1桁kにはなれないのかもしれない。
Sep21_2013

鳴らそう心のクラクション

 夏休みの終わり、娘が宿題で交通安全標語を考えなければいけないと騒いでいた。何かいいのはないかと親に相談するが、妻も僕もあまり相手にしない。そんなことは自分で考えろと。すでに思い付いていたものがあったらしく、「横断歩道 鳴らそう 心のクラクション」、もうこれでいいやと投げやりにほんの一瞬でこの騒ぎは終わってしまった。どこかで聞いたことのあるような文句だが、娘はもっとオリジナルな標語を考えたかったのか。それで終わりかと思ったら、今頃になって警察署の交通課長から校長経由で最優秀作品に選出されたとの通知が届いた。警察署で表彰式が行われ、秋の全国交通安全運動期間中、路線バスの車内に掲示されるらしい。なかなかやるじゃないか。

スキー場の不快な音楽

 海水浴場の最近の風紀の乱れの一因が音楽とされ、地方自治体などが音楽の規制に踏み切ったらしい。各方面から批判もあるようで、僕としても規制までする必要があるのかと疑問に思うが、音楽がなくなることは大いに歓迎する。どこに行っても自分の趣味でない音楽が流れていると、はっきり言って不快である。うるさい。何か考えたくても気が散って集中できない。歌詞があって日本語や英語で聞き取れたりするとなおさらである。海水浴場はあまり行かないが、冬には毎年欠かさずスキーに出かける。ゲレンデを滑り降りると、リフトに乗って一休みするわけだが、あの無駄なような時間は実は重要である。しんとした冬山を楽しみたいのにいつもつまらない音楽で邪魔される。スキー場こそなんとかして欲しい。

研究所の定例セミナー

 今日は研究所の定例セミナーのでうちの研究部が当番になっている。1ヶ月ほど前に15分でいいからとプレゼンする枠を取ってもらい、念入りに準備するつもりだったのだが、日々の仕事に忙殺されて、思うように行かなかった。それにしても15分は思っていたよりも短かい。とりあえずの準備を終えて、一通りしゃべってみると、よほどスムーズに話さない限り15分では終わらない。そんなわけで本番では焦ってしまったこともあり、重要なポイントをいくつも言いそびれてしまった。質問は1人からしか出なかったし、理解してもらえたのだろうか。今回の反省点を一つだけ挙げるとすれば、話すべき重要なことは、スライドが多少醜くなっても書いておくということ。これはいい忘れそうだな、注意しよう、なんて思っていても、時間に追われていると必ずと言っていいほど話し忘れてしまう。

息子の3匹の金魚

 日曜日の夜、息子と近くの神社のお祭りへ。友達と一緒に出かけていた娘もいた。息子が金魚すくいをやりたいと言うので300円払って、ビデオカメラを回す。意外にも1匹捕まえた。やるじゃないか。しかし、水の中で金魚を追ってあちこちに動かしていると紙は破れてしまった。おじさんはその捕まえた1匹を逃がしてしまったが、持ち帰りたい旨を伝えると、別な3匹を袋に入れてくれた。残念ながらうちにあるもう1つの大きな水槽は現在メダカの稚魚用になっている。別な容器にオオカナダモと一緒に3匹の金魚を入れておいたのだが、月曜日に2匹、そして今日は最後の1匹が死んでしまった。

プールで高齢者男女が喧嘩

 台風18号は遠ざかっているのか天候はやや回復してきたように思われたので、息子と水泳に出かけた。このところ毎週末、欠かさず通っている。台風の影響で空いているに違いないと期待し、最初はその通りであったが、しだいに混雑してきた。すると水着姿の婆さんと爺さんが大声を上げて、取っ組み合いの喧嘩が始まったのが目に入った。すぐに監視員が制止に入り、爺さんの方は落ち着いたようだが、婆さんはかなり興奮している様子。しばらく経っても監視員に向かって何かを主張していた。人間、時にはこうやって腹が立って喧嘩でもするのが普通だろう。しかしめったにこういったことが起こっていないところに、今日は逆に人間社会が意外と統制の取れた状態にあることを気付かされた。

ゴーヤーを収穫してもらう

 友人がゴーヤーが欲しいと言うので、うちのベランダにまで上がってもらい、3本採ってもらった。小さいけれども収穫したばかりの新鮮なゴーヤーをぜひ楽しんでもらいたい。現在台風18号が接近中であり、今取れる物は採っておかないとどうなるか分からない。それから6月に漬けた梅酒をちょっとだけ振る舞った。まだ1年経っていないのだが、いい感じである。
Sep15_2013

ナポリタンの隠し味は自家製ヨーグルト

 ふと目にしたテレビ番組でナポリタンの作り方を紹介していた。これなら僕でも作れる。自分で作ったナポリタンを食べてみたいとさっそく料理にとりかかった。基本的なことは理解できたので、細かなこと、また何を入れるかは僕が勝手に決める。いつものように冷蔵庫にある腐りかけた食材をあれこれと突っ込む。ベランダで最後に採れたミニトマトも冷蔵庫の隅に眠っていた。そして隠し味は自家製ヨーグルト。妻、娘、息子がどう思ったのかよく分からないが、自分としてはかなり満足の行く物ができあがった。空腹時に自分であれこれ苦労して工夫して作った料理を食べた時の幸福感は何とも言えないものがある。
Sep14_2013

なかなか起きてくれなかったクレモリス菌

 うちのヨーグルトが欲しいと言われ、凍らせておいたクレモリス菌を起こしてヨーグルトを作ったのだが、様子がおかしい。クレモリス菌独特の粘性が全く見られない。起こしたばかりだからかと思い、何度か継代したのだが、やはりあの粘度は出てこない。死んでしまい、別な乳酸菌が増えてしまったのかとがっかりし、冷蔵庫の中にしばらく放っておいたのだが、先日、蓋を開けて別な容器に移してみたら、いい感じになっていた。いったい何だったのだろう。友人3人に分けたが、みんな、育ててくれているだろうか。

猛暑の中の旧東海道品川宿

 カナダに留学していた頃、ジャーナルクラブでお世話になった友人が結婚してブラジルで研究室を持っている。地球の反対側からこっちにやって来て時間を取ってくれたので、午後、年休を取って彼に会いに行った。あれから6年が経ったか。僕よりも多少若かったはずだが老(ふ)けたように見える。しかしそれはお互い様だろう。品川から南へ一駅、北品川で降り、猛暑と強烈な日射しの中、二人で並んで歩いて旧東海道を南下した。途中、和菓子を買ってほおばり、品川寺(ほんせんじ)へ。そして鮫洲八幡神社。寺と神社の違いが分かるかと聞いてみたが、全然分からないらしい。頑張ってもう一駅分、涙橋まで歩いて坂本龍馬像は素通りして立会川駅へ。もつ焼き居酒屋を見つけ、冷たいビールを一杯ずつ飲んだ。もつなんか食べさせてもと思い、普通の豚肉の串刺しを頼んだ。この暑い中、4駅分も歩き、申し訳なかったがいろいろと話ができ、たっぷりと生の英語にも浸ることができた。品川駅まで5駅分電車で戻って別れた。次に会うのは、いつ、そしてどこになることだろう。
Sep12_2013

ベランダにゴキブリの死骸

 先日、ベランダの掃除をしていたら、園芸用の土というか堆肥を保存していた袋の近くでゴキブリの成虫の死骸を見付けた。ここ17階のベランダでゴキブリを見たのはこの10年で3度目くらいだろうか。家の中に至っては1匹も見たことがない。ここに越してくる前、3階に住んでいた頃は毎週のように見かけていたので、それに比べるとずいぶん快適になったものである。

パセリ全滅

 種から育てていたパセリが全滅した。うどんこ病にやられ、虫に食われ、それでもなんとか生きながらえてきたが、ほとんど収穫されることなく枯れてしまった。残念だがしかたない。また挑戦することにしよう。
Sep10_2013

実家のシラカシ

 作り話であることを加味しても『となりのトトロ』に出てくるクスノキはすごい。あのクスノキとは言わないまでも、そういった木は至る所にあるであろう。うちの実家の庭にも一本の巨木が立っている。それほど気になる木でもないのだが、何の愛着もない場所に嫁に来た僕の母にとっては、日当りを妨げるあの木がうっとうしくてしかたがないらしい。父に早く切り倒せと、特に僕の祖父母である姑、舅が亡くなってからは強く主張しているのだが、父は行動を起こさない。カキの木のことなど祖母からはいろいろ聞いたものだが、あの巨木については名前も由来も何も分からなかった。写真を撮ってインターネットに投げたところ、どうもシラカシであることが分かったのだが、それ以来、シラカシを良く見るようになった。今日も通勤途中の公園で一本見付けたので写真を撮った。クスノキ、ケヤキ、サクラ、イチョウなどに比べれば少ないが、けっこういろいろな場所に植えられている。しかしどの木もうちの実家のシラカシには敵(かな)わない。うちのシラカシは切り倒すべきか、そのままにしておくのがいいのか。難しい問題だ。
Sep09_2013

寝坊して100円の損失

 申し込んでから最初の方はなかなか軌道に乗れなかったが、最近はいい感じで毎朝6時から10分間のオンライン英会話でフィリピン人と英語をしゃべっている。一番早いレッスンで6時。休日でも6時なら普通は起きているから問題ないと思っていたが、前日に遅くまで寝ずにいると起きられないこともある。日曜日の今日は特別に25分間のレッスンを予約していたのだが、また寝坊してしまった。これで3回目。「1レッスンさぼってもどうせ100円程度、今日の2レッスンでもたかが200円」という考えも良くない。フィリピンでは生徒が現れないと、仕事をしなくて済むので喜んでいるのか、心配してくれているのか、何とも思っていないのか。

手前甘口チキンカレー

 最近、カレーライスを作っていなかった。久しぶりに自分の作ったカレーが食べたい。昼にルーを買って来て、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンに鶏肉を加え、遅くなってしまったが昼食を作った。僕はカレーに辛さなど必要ないと思っているので甘口で何の問題もない。息子にも喜んで食べてもらえるようバーモントカレーの甘口を選んだのだが、例によって頭の固い息子は「保育園のカレーしか食べない」と主張し、米粒一つも口にしない。娘は「カレーうどんがいい」などと身勝手なことを言い、妻はうどんを茹で始める。こいつらは何なんだ。食事を作ってくれた人に対する敬意のかけらも持っていない。だから料理する気が失せるのだ。でもそれはいつものこと。独り、自作のカレーライスに舌鼓を打つ。このところお代わりというものをしたことがなかったが、久々に腹一杯昼飯を食べた。

飛行機爺さん達

 通勤途中、芝やオオバコがびっしりと生えている広々とした公園を突っ切るのだが、いつも決まった場所に爺さん達が集まり、何かをやっている。最初は良く分からず、近寄って行ったら、いきなりゴムで飛行機を飛ばされてびっくりした。もし人にでも当ったら危険であるが、何食わぬ顔で、毎朝懲りずに飛行機を飛ばして遊んでいる。何がそんなに楽しいのか僕にとっては良く分からないが、本人達にとっては楽しくてたまらないのだろう。あまりによく飛ぶと広場の周りに生えているサクラの木などに引っかかり、自業自得だと笑いながら見ているのだが、用意が良いことに竹竿まで持って来てい。
Sep06_2013

再び東京マラソンの抽選に挑戦

 昨年は申し込むのをすっかり忘れてしまったが、今年はまた東京マラソンに申し込んだ。今日、メールが届いていて、申込者数は30万3千人で、マラソンの抽選倍率は10.3倍とのこと。本気で走りたいと思っているわけではないが、こんな倍率で当たればラッキーである。そんなマラソン大会のコースを堪能できるなら、当たれば走ってやろうという気になる。一昨年はひどい目に遭ったが、今年はどうなることか。抽選結果の通知は26日。

研究者に必要なミドルネームのイニシャル

 学生の名前、アルファベットのフルネームを使い、MEDLINEで検索させたら、予想通りたくさんの登録があることが分かり、ぜひミドルネームを付けたらいいと提案した。日本人の名前では漢字で区別されても世界的にはこうなってしまう。僕の場合、長音のhを入れているためにMEDLINEでは今のところ過去にさかのぼっても僕一人しかいないようだが、将来的にどうなるかは分からない。以前、面倒を見ていた学生にもミドルネームを付けることを勧め、彼は何を表すAかは教えてくれなかったがAというミドルネームのイニシャルを付け、未だに、ファーストネームとミドルネームはイニシャルだけでも唯一の名前となって2010年出版の論文に名を残している。そして今日、彼女は自分でLと名付けた。とりあえずこれで、自分が決定した塩基配列の登録を行う。

カールじいさんの空飛ぶ家

 テレビで放映していたので子供のために録画しておいた『カールじいさんの空飛ぶ家』を、最近独りでじっくりと見た。オリジナル作品は単に”Up”というアルファベット2文字のタイトルの映画のようだが、僕が見たのは日本語吹き替え作品である。いい映画を見ると心温まるもので、久々にそんな体験をした。これは子供向けと思いきや、大人向け、特に男向けの映画である。僕はそう確信している。子供や女性が見て、僕と同じ感動が味わえるとは思えない。息子も好きなようで繰り返し見ているが、彼の感じ方は父親である僕とは違うはず。いずれ40代になった時にまた見て欲しい。その時には僕はカールじいさんと同じような年齢になっているはず。生きていればの話だが。

中学受験まであと5ヶ月

 来る中学受験に向け、娘はインターネットの動画配信で授業を受け、週末に自宅で試験を受け、勉強を続けている。夏休みなどは別として、塾に行かせたくない僕の方針でそうなっている。妻には強硬に反対されているが、僕は僕で強行している。子供の理解度に応じて当然ながら問題の難易度を代える必要があるので、易しい方からA、B、C、Sと4コースに分かれている。1年前にBから始めて、すぐにCになり、これまで数回Sになったことがあったが、たいていはCだった。そして今回の組分けが受験前最後とのことで、なんとSコースに滑り込んだらしい。Sコースで勉強することがいいか悪いかは判断が難しいところだが、この夏休み、概してよく勉強したという証だろう。受験まであと5ヶ月だ。

寝転がってうちのゴーヤーを眺める

 家の前の公園の芝生広場は、芝の手入れが行き届いていて寝転ぶととても気持ちいい。息子と一緒にごろんとしていると、うちのベランダのゴーヤーが青々と茂っているのが良く見える。さすがに花や実は双眼鏡か望遠鏡でも使わないと見えないが。
Sep01_2013.jpeg
プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。