論文アクセプトの小さな喜び

 一つ、論文というか、簡単な報告が受理され、ジャーナルへの掲載が決まった。本文は英単語500語以内という制限があり、記述できる内容がかなり限定される一方で執筆作業にかかる時間は大幅に少なくてすむ。準備に要する時間は指数関数的に違う。それでもアクセプトされた喜びは大きい。論文執筆に取り掛からねばならない研究テーマがわんさと転がっているので、日々、少しずつでも進めねば。この小さな喜びを味わうためにも。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽