1年ぶりのFedoraリリース

 数日前にFedora 21がリリースされた。これまで半年ごとのリリースだっただけに、この日をずっと待っていた。計算サーバの1ノードが起動しなくなって困っていたので、新しいFedoraを入れたいとずっと思っていたのだ。今回からWorkstation、Server、Cloudと3種類に分かれている。WorkstationにすべきかServerにすべきか、説明も読まずに悩んでみたが、とりあえずはServerを入れてみることに。おそらくLVMが壊れて起動できないものと思っている。それゆえRAID構成から作り直してインストールしてみた。GCCもPerlも入っていなかったが、Fedora 21 Serverが動き始めた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽