スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

済生学舎の講義と今の大学の講義

 新聞を眺めていたら、全面を使った広告の中に済生学舎の文字が目に留まった。日本医科大学の広告だったが、この大学の前身が済生学舎だったようだ。済生学舎のことは『遠き落日』に詳しく書かれていて、何度も読んだので馴染み深い。帝大の若い先生などが自分の知識を整理するために済生学舎に来てアルバイトの講義をしていたというのが印象的である。当時の苦学生は、そんな一見劣悪とも思われる教育環境の中で必死に勉強して目的を達成し、日本という近代国家の礎となったのであろう。今の大学、特に僕が以前勤めていた大学での講義とはずいぶんと様子が違う。実はどっちが劣悪な教育環境なのか、学生たちが何を得て何を成し遂げたかを客観的に検討してみる必要がありそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。