七五三写真撮影でのおしゃべり

 遅れ馳せながら息子の七五三のスタジオ撮影をすることになり、雨の中、タクシーででかけた。僕は神社に行って写真を撮ればそれでいいと思っているわけで、こういうのは常に妻の意向である。僕の場合、写真館なんかで撮ってもらった記憶がないから、幼い頃の家庭環境が後々の人生にまで影響を与えていることがよく分かる。けっこういい額を請求できるから写真屋さんは馬鹿な幼児相手に一生懸命頑張る。おふざけモードになってしまい、親としては早く終わらせたいし、あまり迷惑もかけたくないのでいらいらして叱るわけだが、息子は、今朝妻が僕に向かって出て行けと怒っていたことをしゃべり出した。いつものように妻をからかっていたら激怒された一幕を無視しているようで子供はちゃんと見ていたようだ。親のいないところでもこうやってしゃべっているのかもしれない。そしてこれらの経験が人間形成の糧となる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽