スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPU負荷による電圧低下

 今、研究に使っているコンピュータは40コアある。1コア当たり2スレッド動くので合計80スレッド。これらが1ノードにある。今週動かしているプログラムは、特定の時点で利用可能な全80スレッドで一気に並列処理を開始するので、これによって急激に電圧が下がる。電源は冗長になっていて単相200 Vを2回路繋げていているのだが、それでも電圧降下で警告メッセージが出る。最初は何が起こったのか良く分からなかった。電圧の値がおかしいと表示され、火でも吹いたらたいへんだと思ったが、CPUに対する過負荷が問題となっている可能性が大きいとサポートから連絡をもらった。マザーボードの問題もあり得るということだったが、長い処理の途中だったので今日まで様子を見た。シャットダウンしてハードウェア管理のログを覗くと、電圧降下が1回起こったことが記録されていたので、やはり過負荷の問題だろうということになった。一般的な100 Vから電源を取っていたらどうなっていたか。Ethernetポートが4つに加え、もう一つ別なところに1ポートあり、これは何だろうと思っていたが、ハードウェア管理システムのものだったことが判明し、稼働中でもログを見られるように設定した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。