スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

174年前に彫られた道祖神

 実家のすぐ近くに道祖神がある。それだけでなく、市のあちこちにあり、観光の重要な目玉になっているらしい。当たり前のようにあったから特に気にしたことはなかった。この辺り出身のうちの両親は、道祖神を敬って何かをするどころか、話題に出すことさえ皆無である。しかし先月末、息子と帰省した際、散歩がてらに眺めてみた。まじまじと見るのは生まれて初めてのことかもしれない。石の裏側には天保十二丑正月などと書かれている。天保とは江戸時代だろうが、いつ頃のことだろうと帰京してから調べてみた。すると確かに丑年で旧暦一月はグレゴリオ暦で1841年1月末から2月に相当するらしい。ちなみにこの年には伊藤博文が生まれている。黒船来航の一昔前になる。174年間もあそこに居座っていたとは。我が家の先祖はその頃にはここに住み着いていたはずで、174年前にはなんらかの貢献をしたのか、それともうちの両親のように無関心だったのか。今や重要な観光資源となり、粗末にされるようなことはないと思うが、100年以上もの間、村民に敬われてきたからこそこうして残っているのだろう。
Jun03_2015
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。