スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の名前の記憶

 先日、駅で娘が小学生だった頃の担任の先生に会った。先生たちも帰りが遅くてたいへんそうである。そして他の担任の先生たちのことを思い出した。しかしどうしても一人の名前が思い出せない。顔や話している情景はありありと頭の中に浮かぶのに、名前が出てこない。出てきそうで出てこない。度忘れというやつか。歳(とし)のせいかもしれないが、若くてもこういうことはありそうである。そして今夜も駅で別な先生に会い、またこの件が気になった。家に着くまでの間、ずっと思い出そうと頑張った。ようやく名は出てきたのだが、姓が思い出せない。ほかの先生たちの姓が頭をよぎって邪魔をする。確か珍しい苗字ではなかったはず。だからこそ出てこないのか。最後の最後まで努力したがだめだった。家に着き、娘の通知表を見て、ああそうだったと思い出したものの、何時間頑張っても思い付きそうにない漢字二文字だった。忘れていたわけではないのに、どうにもこうにもその記憶を引き出せなかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。