Segmentation faultのバグを取る

 最近はCでプログラミングをすることは滅多にないのだが、以前作ったプログラムを修正する必要が出てきて、処理を実行したらSegmentation faultが発生し、バグを取るのに時間がかかった。今回修正したところにメモリを直接いじるようなところはないのだが、なぜこうなるのか。いくつかの関数をバイパスする処理を作ったのだが、あるポインタの初期設定がそのうちの一つの関数で行われていて、それを経ずにそのポインタをいじったための問題であったことがようやく判明した。Segmentation faultが起こらないよう気をつけているのだが、ずっと前に作ったプログラムを、全体を見ずにちょこちょこっと修正してしまうとこんなことになるわけだ。そもそもの設計、そのポインタの初期設定のやり方が良くなかったのかもしれないが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽