ムラサキクンシランという名

 アジサイの季節が終わりに近づくと、街のあちこちでムラサキクンシランが梅雨の雨の中で映えてくる。うちの近くの公園では白い花の品種も混じって生えている。このムラサキクンシランは漢字で書けば紫君子蘭である。君子蘭と言えば、うちでは母がずっとクンシランを室内で育てていた。花を楽しむのはもちろんだろうが、ほとんど観葉植物のような物である。そんなわけで、ランと言えば僕はクンシランを思い浮かべていたのだが、ムラサキクンシランとクンシランはヒガンバナ科であってラン科ではないからランではないらしい。これに限らず、日本語の種名は紛らわしいものが多い。いやいや、そうランではないと信じていたのだが、さっき調べてみるとヒガンバナ科とラン科は単子用植物のキジカクシ目というグループに分類され、遠い関係でもないらしい。ますますややこしい。ムラサキクンシランはその属名から園芸家の間では洒落てアガパンサスとも呼ばれているのだが、そんなラテン語を片仮名にして使うのもどうか。
Jul03_2015
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽