年々質が落ちるゴーヤーの実

 今年はゴーヤーが大きくならない。なんか年々実が小さくなっているような気がする。2011年に父親が育てていたゴーヤーの実から種を採り、2012年、2013年、2014年、そして今年というように、前の年に採れた種を蒔いて育てて今年で4回目。ベランダのプランタなんかで育てているのだから大きくならなくて当たり前と思っていたが、ほとんどの実は食べ、収穫し損ねて熟れた実から種を採るわけで、多くの種を集められるわけではない。数ラインで近交系を樹立させようという無駄な作業と言ってよく、質が落ちてくるのも当然のように思えてきた。まあ、今年も実っているから食べられるのだが、うちで採った種にこだわると苦労多くても実りが小さいのは明らかだ。いい系統を維持して安く提供してくれている提供者がいるのだから、そういうことは専門家に任せることとし、来年からは市販されている種または苗を買った方が良さそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽