アベリアに集まるスズメガ

 家の前の公園にたくさんのアベリアが咲き、多くの昆虫を集めている。チョウに、ハチ、アブ。種類もいろいろで、甲虫もときどきやって来る。その中にやや大きめの全く見たことがないわけではないが見慣れない変な昆虫がいる。実は子供の頃から気になっていた。これはなんという虫か。今や画像検索が充実しているので、適当なキーワードを使えばなんとかなる。オオスカシバとかホウジャクとかいう昆虫らしい。漢字で書くとそれぞれ大透翅または蜂雀で、チョウ目スズメガ科。なんとガ(蛾)の一種とのこと。これには驚かされた。ガと言えば、茶色っぽく、夜行性で、翅を立てずにぺたりと広げて止まっているものだ。もうちょっと調べてみると、そもそもチョウとガの区別も生物学的にははっきりしたものではないらしい。オオスカシバはガらしくもともと鱗粉を持っているようだが、ガとは思えぬ高速飛行で落ちてしまい、透明な翅になるという。
Sep25_2015
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽