スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無数の自分自身

 今朝の新聞の年金に関する広告欄に又吉直樹による『将来の幸せ』というちょっとした文章が載っていた。こんなことが書かれている。「極端な話をすると、今の僕は、生まれてから昨日までの無数の自分自身を引き連れて歩いていることになる。」と。僕はこれまでそんな考え方をしたことがなかったので、なかなか興味深い。確かに過去の自分は、今の僕とは違う。特定の観点だけから見れば、別人と言ってもいいくらい違うことも多いだろう。過去の自分がその時点で保持している記憶は、今僕が保持している記憶とは大きく入れ替わっている。又吉は過去の自分がいたことによって今の自分がいるから、彼らの意向を全く無視して今の行動を決めるわけには行かないという。つまり、あることをする時、過去の自分だったら、過去の自分が見ていたらということを考え、判断材料とするのだろう。今の自分は過去の自分よりも優れているはずだ、そんな気でいたが、必ずしもそうではない。小学生だった僕が今この状況を見てどう思うだろうか、そんなことを考え、行動を再考してみる価値があるかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。