スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸海軍操練所

 神戸に来ている。神戸と言えばどこか行きたい場所があったはず。そんなことをふいに思ったのは昨夜のことである。そうだ、神戸海軍操練所だ。もちろんそんな場所はないが、せめて跡地を示す何かはあるはず。今年は司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読んだ。そして大都市神戸となる一つのきっかけを作ったのが徳川家茂と勝海舟であり、坂本龍馬や陸奥宗光ら多くの幕末の志士たちが集まった神戸海軍操練所を経て、日本の近代化へとつながることとなる。ひなびた一漁村に過ぎなかった神戸とはそんな場所である。ネットで調べてみると、三宮駅から歩いて行けなくはない。朝、旧居留地を通って海軍操練所跡なる場所に行ってみた。なるほど、派手な碑が建てられている。が、高いビルが立ち並び、高速道路も走っていて、辺りにそんな雰囲気は全く残っていない。向かって右側に小さく「海軍操練所趾」と書かれた石碑があるが、こちらの方が歴史を感じさせてくれる。とにかく広々としたこの地に徳川幕府による海軍操練所があり、坂本龍馬らが操船などいろいろなことを勉強していたのだ。旧跡巡りもただ来て他人の説明を聞くのと、一冊の本を読んでその一箇所にだけ行くのとではどちらが楽しいか、火を見るよりも明らかである。
Dec03_2015
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。