スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国子女に対する羨望と憐れみ

 昨日、数年ぶりに会った友人から聞いた話には驚かされた。カナダでの生活の後、彼ら一家は米国でも仕事をして帰国。長男は当然のように英語がぺらぺら。僕らにとっては羨望の的だ。しかしながらいじめられるとのことで北米での生活のことや、英語が話せることはできる限り伏せていたという。国立中学に進学し、英語の授業が始まっても、わざわざ日本語っぽく英語を発音しなければならなかったという。まあそんなことはあるかもしれないが、あの苦労なくして英語を話せるのだから帰国子女はみんなの憧れ。そして我が子を帰国子女にと思う親は僕を含めて数多い。しかしながらそれから数年後、勉強嫌いになり、特に英語が足を引っ張って希望する高校に進めなかったとのこと。もはや英語が本当に分からなくなってしまったらしい。本人にも、僕の友人にもその場では語り切れないいろいろなことがあったのだろう。息子にはかわいそうなことをしたと思いつつも、家庭ではそれは口にはせずにいるという。うちの娘も一年間だけだが現地の幼稚園に通った帰国子女だ。中学生になり、英語はもうほとんどゼロから勉強し直しで、あの経験は、語学力を維持させようとした親の苦労はなどと思っていたが、ゼロでもマイナスになっていないだけ救いである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。