スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子のプルークボーゲン

 独り夜行バスに乗り、予定通り午前6時前に山形に着いた。あたりまえだが寒い。山形城址を抜け、歩いて家族が待つ妻の実家へ。明日は天気が崩れるかもしれないということで、今日、スキーに行くことになった。いつもなら蔵王なのだが、今回は珍しく妻も加わって天童高原スキー場という小さな家族向けのスキー場に行くことになった。義母の車を借り、久々の運転である。今年は日本全国降雪量が極端に少ないらしく、滑れないスキー場も多いようだが、ここはだいじょうぶそう。さて問題は息子である。おととし去年と連れて行って、今回で3回目になる。最初は妻に任せていたが、あまり上達しそうにないので、思い切ってリフトに乗せて上に行ってみることにした。怖がるので、一回だけ手前に抱きかかて一緒に下り、次は独りで滑らせてみる。プルークボーゲンの内側のエッジに力を入れて速度を落とすあの感覚さえ身につけてもらえればなんとかなる。息子の数メートル先に先回りし、山側にいる息子にここまで来いと声をかける。僕も後ろ向きでゆっくり滑りながら、息子もズルズルと下っているうちになんと初級コースならば独りで降りられるようになった。意外な進歩だった。リフトの乗り降りはまだ独りではできないが、上で降ろして放っておけば独りで下ってくる。スキー場はそんなに混んでいないからあまり心配もない。リフトは回数券にするか迷い、息子の分も4時間券にしたが、その分は使ってくれそうだ。昼食後、もう数回だけ滑って終わりにしようという話だったが、滑れば滑るほど楽しくなってきたようで、何度も滑っていた。天気が良かったのも幸いした。6歳にもなれば、スキーはなんとかなるものだ。
Dec30_2015
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。