スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにも大きな蹉跌

 本を読んでいたら「青春のほろ苦い出来事というにはあまりにも大きな蹉跌であった」という表現が出てきた。「蹉跌」には「さてつ」とルビが振られており、文脈から意味はなんとなく分かるが、僕の生活範囲ではお目にかかるような言葉ではない。念のため手元のiPhoneで意味を確認。なるほど。こうすれば辞書の見出し語として必ず出てくるし、こうやってキーボードを叩いていてもちゃんと出てくる。しかしながら、さらに調べてみると「蹉」も「跌」も常用漢字でも人名用漢字でもない。人名用漢字はともかく、常用漢字なんてのを未だに存続させていていいものか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。