glibcライブラリの脆弱性

 JPCERTから「glibcライブラリの脆弱性に関する注意喚起」というメールが届いた。これはたいへんな事態だ。Linuxで動いている計算機の多くがこの深刻な問題の影響を受ける。バッファオーバーフローの脆弱性があって、遠隔の第三者によって任意のコードを実行されたり、DoS攻撃が行われたりする可能性があるという。パッチが公開されているので、パッチを当てればいいのだろうが、そうもゆかない計算機は多い。僕が管理しているのは、ほとんどが研究所内のプライベートIPアドレスを持つものなのでそんなに心配はしていないが、グローバルIPアドレスを持つものは早急になんとかせねば。今の時代、恐ろしくて、気安くグローバルIPアドレスでインターネットに接続するなどという気にはなれない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽