スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

組み込みシステムの基本と仕組み

 図書館でふと目に止まった『図解入門よくわかる最新組み込みシステムの基本と仕組み』という本を借りて読んでみた。組み込みシステムを理解したいというよりも、コンピュータのハードウェア寄りの、高級ではなく低級な方の理解を深められるのではとのことから読み始めた。CPU、ROM、RAM、バス、そしてそれらハードウェアとドライバ、ライブラリ、OSとの関係辺りである。あまり具体的なことは書かれていなかったが、概念的な記述は幾度も繰り返され、何となくではあるが知りたかった辺りの靄が少し晴れたような感じで、いい本に巡り会えたと思っている。基本は簡単な構造なんだよというのが著者の主張だから、ハードウェアの過度に詳細なことは書かれていない。最初期のCPUは4004と呼ばれるマイクロプロセッサで、僕が生まれた頃に登場したというのが興味深い。ムーアの法則というのがあるが、そこから性能向上が進み、なぜOSが後発で登場し、発展してきたかもよく分かる。そしてけっきょく人材不足になるところは、ハードウェアの方ではなくソフトウェアの方らしい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。