スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の卒園式

 あいにくの雨。天気が良ければあちこちで写真を撮りたかったのだが、親子3人傘をさして保育園に行くと、僕らが一番乗りだった。集合写真を撮り、10時前、予定よりも少し早く卒園児入場で卒園式は始まった。園児たちの歌の後に修了証書授与。うちの息子は0歳の4月から6年間、この同じ保育園に通い続けた。一時期、友達との間のトラブルもあって「行きたくない」と言っていた時期もあったが、概して楽しく通ってくれた。男の子は女の子に比べて弱いとよく言われるが、あまり休むことなく、6年もの長きに渡りよく頑張った。その間、もちろん親も通った。園長先生の祝辞の後、卒園児達は、歌や言葉で、友達に、先生達に、そして親達に感謝の気持ちを伝える。ご飯を作ってくれてありがとうとか、世話をしてくれてありがとう、そして産んでくれてありがとうと。普段は決して聞くことのない感謝の言葉である。そして「一年生になります」と。一人一人がみんなの前で将来の夢を語り、涙声になっている親と会話を交わす。感極まって声を出せない親も子も。親の何人かは、親の方こそ子に支えられていたと言っていたが、確かに僕らもそうだったかもしれない。先生達からも今度年長になる子供達からも歌の祝福を受け、最後にまた園児達は歌で返し、1時間ほどの式は終了となった。この年になり、歌などからは遠ざかっていたが、歌が秘める力というものを強烈に思い知らされた。保育園の卒園式など、土曜日でなければ行かなくてもいいかなどと思っていたが、決してそんなことはなかった。卒園児14名、全員が元気に参列し、14名全ての両親がまともな格好で参列し、先生達や友達との別れ、そして我が子の成長に涙を流した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。