カエルを愛でくれた隣のおじさん

 時間が経ってしまったが、引越しの挨拶。お菓子を持って息子とこれまで隣だったお宅に行くと、おばさんが出てきたので少し話したが、1ヶ月ほど前、おじさんが亡くなっていたとのことを聞いてびっくりした。全く知らなかった。線香を焚いたりして、気づかれるかなと思っていたらしいが、感じたことなどなかった。確かに最近、姿を見なかった。呼吸器系の病気で、最後の方はちょっと動くのもたいへんだったらしい。それでもタクシーで通って仕事は続け、日曜日の職場で誰にも気づかれず亡くなったとのこと。ベランダからの眺めが大好きだったようで、また、本当かどうか分からないが、うちのベランダから逃げたアマガエルをかわいがってくれていた。遺体はしばらくここの部屋に置き、遺骨はまだここにあるのだという。うるさい人がいなくなったという発言に、ご家族の寂しさを感じた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽