キリの幼木

 職場の建物の周囲、誰も草むしりをしないのでけっこうな数の雑草が伸びている。前々から気になってはいたものの、僕の仕事は研究であり、そんなことをしている時間はないと、草むしりは好きなのだが、苦労ではなくてその時間を惜しんでいた。しかし、気になって気になってしかたがないのでついに草むしりを始めた。実はもっと大きな問題がある。小さな雑草はいいのだが、自分の背丈よりも伸びているかなり大きな雑草が幾つかある。これらは何だろう。どれも見た目が気持ち悪く、有毒植物のようにも思われる。そこで「家の近く」と「大きな雑草」で画像検索してみると、そのうちの一つがなんとキリであることがすぐに分かった。花札の12月、鳳凰が描かれているあの桐である。箪笥を作るほどの大木になる桐である。キリはこうやって、家や塀のすぐ脇に生えてきてみるみる成長してしまう「大きな雑草」らしい。もうしばらくしたら「草」とは呼べなくなってしまうだろう。下の方はすでに木化している。僕独りではとても除去できるような物ではない。さてどうするべきか。放っておけば、ますますたいへんなことになる。
b20160617
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽