スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧東海道五十三次手形帳

 図書館に旧東海道五十三次手形帳というリーフレットが置かれていた。品川宿から川崎宿までの散策を促すスタンプ帳である。息子と行ってみるかと一部持ち帰り、今日、出発。あまり時間をかけてもたいへんなので、今回は息子を後ろに乗せてのママチャリ旅である。まずは北品川駅の少し先にある八ツ山橋へ。ここをスタート地点とした。せっかくもらって来た手形帳は、愚かにも自宅に置いて来てしまったため、最初の手形捺印所となっている品川宿交流館で新しいのを2部もらい、スタンプを押した。このスタンプがあるからこそ、息子は喜んでついて来た。僕もそんな子供だったからよく分かる。旧東海道を南に下り、次は浜川砲台近くの龍馬像。この辺りは謂わばホームグラウンドだ。鈴ヶ森刑場跡を超えて大田区に入り、さらに環七を過ぎると、馴染みがなくなってくる。3ヶ所目は美浜通りの老舗和菓子屋。2枚ともスタンプをきれいに押せず、悔しい思いをした。その次は六郷神社になるのだが、けっこう遠くて辛い。重くなった息子を後ろに乗せて必死に自転車を漕ぐ。入り口は小さいが境内は広く、りっぱな神社である。その先に箱根駅伝で知られる六郷橋。多摩川にかかる大きな橋だ。神奈川県に入り、川崎はもうすぐ。川崎宿も。終点は東海道かわさき宿交流館という所だったのだが、なぜか見つけられず、どんどん先へ行って市電通り川崎警察署東側入口の交差点まで来てしまった。疲れた。さすがにおかしいと旧東海道を戻る。かなり先まで行ってしまったようだ。交流館は新しく立派な建物だった。なぜ見落としてしまったのか。八ツ山橋からここまで1時間50分。スタンプは全部揃った。そして戻らねばならない。しかも、1年生になって初のサッカーの練習があるので大急ぎで。
b20160402
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。