スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAID 5からRAID 0に変更

 これまでHA8000/RS210は、900 GBの2.5インチSASを4個、RAID 5にして使ってきた。データを入れられるパーティションは2 TiB程度で、処理内容によっては支障が出る。今回、SASを2個追加してもらうことになったが、この際、もっとディスク容量を確保し、高速に読み書きできるようにしたいということで、予想通り驚かれたがRAID 0を検討してもらった。データを放置するユーザも多いので、RAID 0で脅すというのも管理者なりの作戦である。この計算機はデータ処理を行うためのものであって、データ保存を目的としたものではない。それに研究機器であって、顧客にサービスを提供するようなものではない。突然壊れても、多少の手間はあるかもしれないが、研究に支障は出ないはずである。ホームディレクトリの入ったパーティションは別にバックアップを取り、その他のシステムはイメージファイルとしてDVD-Rに保存ということでシステムリカバリーのための対応をしてもらった。コマンドdfで見ると、ホームパーティションのサイズは4.7 TiBになった。計ってはいないが、書き込みも速そうである。あとはSASが壊れないことを祈るばかりである。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。