スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋の計算機、というより記憶装置

 計算が得意になってもらいたいから息子には公文かそろばんを、というのは妻の前々からの考えである。僕としては、公文は性に合わない、そろばんなんかよりもプログラミング、なんて思っていた。昨日、ふと、またそんな話が出てきて、そろばんは実は面白いかもしれないと思った。娘にそろばんを持っているかと聞き、持って来させると、それは僕が小学生の時に買ってもらった30年以上も前の物だった。古くなった気配などなく、当時のままに使えるではないか。息子も興味を示したので、きのう今日と足し算のやり方を教えてやった。珠算は習ったことはないが、両親が使っていたし、仲のいい友人が習っていたので、小学校の算数で出てきた時にけっこう一生懸命取り組んだ。足し算、引き算ぐらいは遅いながら今でも指が動く。なかなか便利な道具ではないか。『天空の城ラピュタ』にそろばんを持って「これはね、東洋の計算機だよ」という台詞がある。何十年もそう信じてきたが、電子計算機を仕事で駆使する身になって言わせてもらえば、これは計算機ではなく、記憶装置だ。メモリというよりもレジスタに近いかもしれない。しょっちゅう押し間違えによる計算ミスが起こる電卓よりも、加減算に限ればずっといい。もう少し、息子とそろばんに取り組んでみよう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。