スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父親として知っておきたい理科の常識

 図書館でふと『父親として知っておきたい理科の常識』なんていうタイトルを目にした。理科の常識ならたいていはカバーしているだろうが少しは漏れがあるかもしれないと、借りて来て、通勤電車の中で読んでみた。父親と子供の対話形式で、その専門書っぽくないの文体が、それから「父親として」という言葉にネガティブな印象を持ったが、内容はしっかりしており、大学は理学部を卒業し、博士号まで取った僕にとっても読み応えのある一冊だった。世の中の父親のいったいどれだけがこの本の価値を認識できるだろう。恥ずかしながら、僕が知らないこともけっこうたくさん書かれていて、予想以上に勉強になった。科学や技術の根本的なところに興味のある人には、父親に限らず、ぜひ読んでもらいたい本だと思う。著者は目時伸哉。数学が専門と思われるが、数学については書かれていない。天文・地学、電気通信、電気・磁気、食品化学、人体、天文、物理、化学、遺伝の9つに分かれており、それぞれ、春分の日の昼夜の長さ、テレビの仕組み、非接触型ICカードの仕組み、納豆のγ-ポリグルタミン酸とフルクタン、風邪の原因ウィルスの種類、閏月の決め方、食べ物のカロリー計算、補色による金色の説明などなど。最後の遺伝に関しては自分の専門分野だが、記憶の種類や分類について書かれており、興味深かった一つ一つもっと詳細に書き留めておきたいところだがまたの機会にする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Glires

Author:Glires
生物学者の端くれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスカウンター
水槽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。